• ホーム
  • モーニングアフターピルを通販で常備しよう

モーニングアフターピルを通販で常備しよう

2019年11月16日
白い錠剤と木のスプーン

モーニングアフターピルとは、避妊に失敗した場合に服用する緊急避妊薬です。
避妊に失敗した場合モーニングアフターピルを服用するのは性行為後72時間以内、新緊急避妊薬であっても120時間以内に服用を開始しなければ十分な効果は期待出来ません。
ですが日本ではモーニングアフターピルは薬局で手に入らないので処方してもらうには必ず医師の診断が必要になります。

ですので仕事の都合などで医療機関を受診する時間が無かった場合などで診断を受けれなかった場合、また医師の都合上の問題で診断が遅れた場合などでも妊娠の確立はぐんと上がってします場合があります。
妊娠を望んでいない場合の性行為ではきちんと避妊をするというのはもちろん大前提となりますが、それでもコンドームが破れるなどの不測の事態もあります。
そのような事態に備える為には、モーニングアフターピルの成分というのは通常のピルと同じものなので、あらかじめピルを処方してもらっておく、または通販で購入して常備しておくといった手段があります。

ピルは日本の薬局では販売していませんが海外の通販サイトで簡単に手に入れることが出来、ジェネリック薬もあります。
ただ、通販も海外からの発想となる為必要になってからの注文では間に合わないので普段から常備しておくという事が必要です。
モーニングアフターピルを常備しておくという事は避妊には有効な事なのですが、ピルには正しい服用法と様々な副作用などもありますので、最初はきちんと医師の診断を受けて処方してもらい、正しい服用法を学んでおく事をおすすめします。
一度正しい使用法を学んだ後であれば、通販での購入もコスト面などの事から有効な手段となるでしょう。

関連記事
性行為後のアフターピルの服用と卵巣機能不全

アフターピルは卵巣機能不全には処方されないのですが、中用量ピルの場合には卵巣機能不全による不妊症などの治療に用いられることがあります。アフターピルは緊急避妊を目的としているので、その他の目的には使用することができないのですが、中用量ピルの場合は緊急避妊に使用する以外にも月経異常や更年期障害、卵巣機能

2019年12月05日
モーニングアフターピルの病院と通販の価格比較

望まない妊娠を避けるために利用されるのがモーニングアフターピルです。実際に性交渉の24時間以内に服用すると、その効果は95%と言われるほどの物で、現在ではその存在も広く知られるようになってきました。では、実際に病院で処方してもらう場合と通販で自分で購入する場合、どれ位の価格差が有るのでしょうか。病院

2019年10月28日