• ホーム
  • モーニングアフターピルの病院と通販の価格比較

モーニングアフターピルの病院と通販の価格比較

2019年10月28日
悩んでいる女性

望まない妊娠を避けるために利用されるのがモーニングアフターピルです。
実際に性交渉の24時間以内に服用すると、その効果は95%と言われるほどの物で、現在ではその存在も広く知られるようになってきました。
では、実際に病院で処方してもらう場合と通販で自分で購入する場合、どれ位の価格差が有るのでしょうか。

病院でモーニングアフターピルを処方してもらう為には、まずは診察、そして処方と言う風に進んで行きます。
また病院によっても価格には違いが出て来ますが、大体1回あたり5000円程度であればとてもリーズナブルな価格だと言われます。
中にはもっと高額な所も有るので、一概にいくらかと言う事はなかなか言えませんが、大体これくらいの金額は必要だという事を知っておきましょう。
自分で海外医薬品の個人輸入を行ってモーニングアフターピルを手に入れる場合は、利用する業者によっても違いますが、大体1錠あたり1400円程度で入手する事が可能です。
送料無料の業者を利用すれば薬の金額のみの支払いとなります。
勿論医師による診察なども必要ないので、自分で個人輸入をして入手する場合の方が大体3分の1程度の価格で入手できると言って良いでしょう。

また個人輸入をしてモーニングアフターピルを入手する場合は、まとめ買いをする事もできます。
数が増えれば増える程1錠あたりの単価は安くなり、大体1000円未満で入手できるようにもなります。
価格だけを比較する場合は、モーニングアフターピルは病院で処方してもらうよりも自分で海外医薬品の個人輸入をする方ははるかに安く入手する事ができます。
ただ業者を利用する場合はどういう薬を扱っているか分からないので、金額だけでなく品質にも目を向ける事が重要です。

関連記事
モーニングアフターピルを通販で常備しよう

モーニングアフターピルとは、避妊に失敗した場合に服用する緊急避妊薬です。避妊に失敗した場合モーニングアフターピルを服用するのは性行為後72時間以内、新緊急避妊薬であっても120時間以内に服用を開始しなければ十分な効果は期待出来ません。ですが日本ではモーニングアフターピルは薬局で手に入らないので処方し

2019年11月16日
性行為後のアフターピルの服用と卵巣機能不全

アフターピルは卵巣機能不全には処方されないのですが、中用量ピルの場合には卵巣機能不全による不妊症などの治療に用いられることがあります。アフターピルは緊急避妊を目的としているので、その他の目的には使用することができないのですが、中用量ピルの場合は緊急避妊に使用する以外にも月経異常や更年期障害、卵巣機能

2019年12月05日